生きづらさや働きづらさを抱える
誰もが自分らしく働ける場で、
生きる自信をつけてほしい。

株式会社四季は、
福祉の枠ではなく公的資金に頼らない株式で運営しています。

このため、障害者手帳等に関係なく、障害者やニート・ひきこもり層など、 生きづらさや働きづらさを抱える方も働いています。
生きづらさや働きづらさを抱える方のほとんどが、しんどいこと・つらいことを言葉にできません。
その思いを自分の中で抱え込んでいると、出口を見つけられません。

社会経験の少なさから自信がもてず、自分の思いを外に出すことができないのです。
自信をもつには、自分らしく働ける場所で社会経験を積むことが必要です。
「社会に出て働きたいし、自分をもっと輝かせたい!」とのぞむ彼らと共に歩むため、 誰もが自分らしく働ける場を増やしていきたいと考えています。

また、祇園イリゼ茶寮では、販売するお菓子の製造を、京都市内の福祉作業所に製造をお願いしています。
仕事づくり・生きがい・やりがい・地域の雇用など、多視点を含めた展開を今後ひろめていきたいと考えています。